FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.10.23 iPhoneについて
どーも、管理人です。今週日曜日からラオスへ来ております。こちらは、雨季も明けたようで、毎日晴天で風も心地よいです。寒くなってきた日本に戻りたくないです(笑)。


さて、今日のお題ですが、とある事がありまして購入したiPhoneが本物なのか偽物なのか、あるいは、新品なのか中古なのか、はたまた、違法改造なのかなど、どうすれば見極めることができるのだろうか、ということもあり、自分なりにちょっと調べてみましたのでご報告したいと思います。


こんな事は、林檎教信者であれば既に知っている事であると思いますが、知らない方のためにも少し情報を提供したいと思います。ただ、自分が調べた範囲は大したことではないので、きちんとした見分け方があるかもしれません。もし、ご存知の方がおりましたらご教示願えればと思います。


では、本題に入りますが、まず、自分の手持ちのiPhoneはタイのAIS(大手通信キャリア)で購入したシムロックフリーの4s(16GB白)ですので、その情報をもとに話しをします。したがって、日本で購入したiPhoneではありませんので、その点はご了承ください。


まず、お手元のiPhoneでそのモデル番号を調べます。調べ方は、「設定>一般>情報」でそこにあるモデルを見てください。アルファベットと数字が書かれたコードがあると思います。これで、どこの国で販売されたiPhoneであることなどが分かります。


自分の場合は、「MD239TH/A」となっています。ここで、各文字、数字の意味ですが、まずアップル製品はずべて「M」から始まります。ただし、例外もあり、アップルで修理再生品されたものは、「N」で始まるようです。


次の「D239」は、製品自体の番号で基本的に世界共通のようです。なので、例外はあるのでしょうが、全世界で販売されている4sの16GBモデルは、全て「D239」なんだと思います。もしかすると、色により製品番号が異なるかもしれません。


次の「TH」ですが、これは国名を表しています。管理人のものは先に述べたようにタイで購入しているので「TH」となっています。他のシムロックフリー端末を販売している香港では「ZP」、シンガポールでは「ZA」、イギリスは「B」、カナダは「C」、イタリアは「IP」、フランスは「FB」となっているようです。ちなみに、シムロック機としてiPhoneを販売している日本は「J」、アメリカ(AT&T)は「LL]のようです。


そして、最後の「A」ですが、これはバージョンを示しており、初期型が「A」、仕様変更、改良があると「B」になるようです。


以上がモデル番号の意味となります。



さて、タイ通の方はご存知だと思いますが、バンコクや地方では、通信キャリアから購入しなくても普通に携帯が購入できます。特に、バンコクにあるMBKの4Fには、小さな携帯ショップが軒を連ねており、新型iPhoneが発売されると、通信キャリアの販売よりも早く販売しています。これは、最初に販売される国からだれかが買い付けてくるシステムになっているのだと思います。


したがって、新型が発売された日やそれ以降にMBKで入手したiPhoneは、おそらく「TH」ではないはずです。よく、香港、シンガポールあたりがタイよりも先行して発売になりますので、タイとの距離を考えると、そのあたりから入手されたiPhoneが多く出回るのでしょうか。


その後、タイで正式に販売されてくると、「TH」のものも販売されるかもしれませんが、やっかいなのは、それが新品なのか中古なのかを見極めることが難しいと思います。


中古として入手したものを、綺麗に磨いて、綺麗に梱包して新品として売られている場合もあると思いますが、モデル番号からは、一切、それが中古だということがわかりません。わかるのは、国とアップルで修理されているかどうかです。修理されていれば、それが中古だと断定できますが、最初の文字が「M」だと新品か中古かはわかりません。


以前、AISで4Sを購入した時には、ケーブルをコネクトするとこを見ると、それが新品か中古かわかると聞いたことがあります。なんでも、一度でも充電されていると色が付くと言われました、当時はそんな事なんか気にしていなかったので、実際自分で確認するのを忘れてしまいました。まあ、この話しが本当かどうかってのもありますけど(笑)。


あと、中古を見極める手としては、IMEI番号やシリアル番号だと思います。この番号もモデル番号と同じところで参照できます。通常、これらの両方か片方は、箱にもシールで貼ってあったりしますので、本物であれば、箱に貼ってあるシールの番号と本体の番号が同じはずです。


しかし、ニコイチ(箱と本体が別々)で新品をして売られている場合は、これらの番号が違いますので、それは中古品と判断できると思います。


また、MBKには日本のiPhoneが販売されている場合もあるようですが、モデル番号を確認し「J」と書かれているものは避けましょう。シムロックのままか、脱獄された状態で売っているはずですから、気をつけた方が良いと思います。


いろいろと書きましたが、本物の新品が欲しい場合は、やはり正規代理店(通信キャリアなど)やアップルストアから購入するのが一番だと思います。それが、一番賢い買い物だと自分は思います。


安く新品を手に入れるには、それなりの知識を身につけないと痛い目に合うと思うので、自信がない方は、正規ルートで購入することをお薦めします。


バンコク、香港、シンガポールなどシムロックフリーを販売している国で正規代理店やアップルストアから購入しない方は、「安物買いの銭失い」にならないように気をつけてください(笑)。


じゃ、また。

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。