FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どーも、管理人です。先週末はタイから観光(所謂、タムブン旅行であるwww)で友人(日本人)関係のタイ人が日本へ来ていたので、アテンドも兼ねて越後湯沢なんてところに行っていて。うまいお酒を飲んで、うまい料理を食べ、温泉にも入り、観光もし、非常に満足のいくアテンドだった(笑)。


さて、未だに夏休み・タイランド編をお送りしているが、今日で何とか終わりにしたいと思う。では、早速、最終編のイサーン・番外編をお送りするw


ノンカイ某所から真っ直ぐにバンコクへ帰るのもつまらないので、友人k氏が潜伏しているイサーンの大都市コンケンに寄っていくことにした。


まずは、ノンカイ某所からノンカイのバスターミナルを目指す。通常の路線バスで一人いくらだったか覚えていないが、たぶん、20とか30バーツぐらいだったような。

IMG_5653.jpg


で、某所バスターミナルへ着いた時に丁度バスの発車時刻だったが、連れのタイ人がヒウヒウ(腹減ったー!)と叫び、屋台のガイヤーン屋さんで焼き鳥ともち米を買っていた(爆)。バスの運ちゃんもボーペンニャンで待っているし、まあ、のんびりとした時間が流れている。


そして、無事にバスは発車し、45分後ぐらいにノンカイのバスターミナルへ到着。ここで、コンケン行きのバスを探してバスに乗り込む。ここでも、待ち時間が少なく、絶妙の乗り継ぎだった。ちなみに、ノンカイのバスターミナルはこんな感じである。

IMG_5656.jpg


ところで、コンケン行きであるが、実際に乗ったバスは写真のとおりバンコク行き。

IMG_5655_20130908132406dc7.jpg

車内にはトレイもなく、路線バスよりは少し座席間隔が広い感じであったが、このバスでここからバンコクまでのロングドライブは外国人には辛そうだ。

IMG_5662.jpg


で、このバスだが最初のメインの停車地は、ウドンのバスターミナルであった。前述のとおり、バスにトイレが付いていないので、このウドンのバスターミナルで約15分の休憩となった。

IMG_5668.jpg

実はこのバスターミナル、昔はよく利用したものである。詳しい内容は割愛するが、ウドンには良い思い出がないのである。思わずこのバスターミナルで刺されたり、撃たれたりしないか、ドキドキしてしまった(爆)。しかも、連れまで居るし(爆x5)。


何とかトイレ休憩を終え、とっととバスの中へ戻りw、目的地のコンケンを目指し、ウドンから約2時間後ぐらいに無事コンケンのバスターミナルへ到着した。


ここで、プー竿好きのk氏と難なく合流。ちなみに、プー竿という言葉であるが、我々仲間内では良く使われている。イサーン語でプーサオは女性の事で、このサオの部分を竿に変えることで、レディーボーイという意味である。まあ、所謂ニューハーフってことである。しかし、最近のk氏はこのプー竿からさらにその先に進み、ゲイの道に足を踏み入れてしまったような感じだ(爆)。


さて、話しを戻し、k氏と合流のあとは、k氏に予約を依頼してあったホテルに向かった。見た目は古いホテルであるが、部屋は小奇麗である、1泊600バーツとリーズナブルであった。


ホテルの近くには屋台も多く、バンコク行きのバスターミナルも近所で、しかも場末のMPもあった(爆)。MPを覗いてみたい気もしたが、なんせ連れがいるからそんな事もできず。ちなみに、ホテルの目の前はこんな感じである。

IMG_5674.jpg

丁度、学校が終わる時間だったらしく、ヤングでナウい男女が買い食いをしていた。この光景はどこの国も一緒なのかな。


ホテルにチェックインの後は、コンケンに寄った目的の1つでもある、ブログを通じて知り合ったKAZ氏宅訪問である。KAZ氏は既にリタイヤし、のんびりと素敵な奥様とかわいいワンコちゃん達に囲まれてコンケンでのんびり暮らしておられる方である。


k氏とKAZ氏は既にお知り合いなので、そういうわけで、k氏と一緒にKAZ氏宅へタクシーで向かうこととなった。向かった先(場所)はよく覚えていないが、それはそれは豪邸が沢山立ち並んでいるムーバーン(この場合は、村ではなく住宅街とさせて頂きます)であった。


本当、このような場所でのんびり暮らしているKAZ氏が羨ましかったでござる。自分も早くこのような生活をしたいと思うのだが、如何せん、先立つものがない(大粒涙)。


で、KAZ氏との初対面であるが、なかなかのダンディーで気さくな感じであった。私みたいな人見知りをする小心者が、きちんとお話しができるか非常に不安であったが、なんとかうまく雰囲気に溶け込むことができた(笑)。


KAZ氏のところでは、1時間ぐらいお世話になっただろうか。空模様も怪しくなってきたので、KAZ氏の車でコンケンの町中まで送って頂き、センタンで降ろして頂いた。


KAZさん、その節は大変お世話になりました。早く元気になって、また、みんなで飲みましょうね。それと、コンケン・オープンもお願いします (^o^)


で、なぜ、センタンかというと、連れがヒウヒウでMKに行きたかったわけである。本当、暇さえあればMKである(爆)。まあ、管理人も野菜、きのこ好きなのでMKは嫌いではないが、しかし、彼女と付き合い始めてからタイでのMK率がかなり高くなっているのは間違いないwww


MKのあとはホテルへ戻り、自分とk氏はデザートを食べにホテル近くの屋台へ(デザートとは決して、プーサオやプー竿の事ではないwww)。そこで、k氏お薦めだったか忘れたがこんなものを。たしか、豆乳にタピオカみたいなものと、銀杏のような物が入っていた記憶が。k氏は甘くないと言い砂糖を入れていたが、おいら的には丁度良かった。

IMG_5677.jpg


翌日は、朝飯でもどうでしょうかという事でk氏がホテルまでやってきてくれた。k氏の案内でホテル近くのヌードルショップへ。で、こんな感じのものを注文。

IMG_5681.jpg

個人的には、レバーや血の塊は食べられないので、全て連れの方へパスw。スープ、麺自体はまずくもなく美味しく頂いた。


ところで、連れの方は、さらにこんなものを注文していた。本当、朝から良く食べるなぁ。だから、ぷくぷくと成長していくんだよな。って人の事は言えないけどwww

IMG_5682.jpg


ちなみに、こんなものもテーブルの上に置かれた。注文していないので、たぶん、手をつけたらお金を支払うシステムなんだと思う。手をつけるか悩んだが、他の人が手をつけて戻したりしていると嫌だったので我慢。

IMG_5684.jpg


朝食後は、彼女の要望でお土産を買いにホテル前のお土産ショップへ。お連れさんは、バンコクの友達やら自分用やらで何やら沢山買い込んでいた。で、当たり前のことだが、当然、支払いはおいらである。まあ、いつものタムブンだと思えば気分も少しは楽か(爆)


自分は、母親にこんなものを。たしか、コンケン産ではないが(笑)、現在、自宅で母親は喜んで使用している。どうやら、美味いようである。

IMG_5694.jpg


無事、お土産も買い込み、最後はバスターミナルへ行き、バンコク行きのチケットを購入。k氏お薦めのナコンチャイエアー。たしか、バンコクまで二人分で900バーツはしなかったと思う。なかなか快適なバスだったが、管理人には少し狭いシートであった。次回はファーストクラスを利用してみようっと!(笑)。

IMG_5685.jpg



この夏休みは7月中旬ぐらいで、もう約2ヶ月も前のことだったんですね。辛抱強くお付き合い頂いた読者の皆さん、ありがとうございました。


では、次からはまた適当な題材で適当に更新していきたいと思います。


じゃ、พบกันใหม่นะ !!

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。