FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どーも、管理人です。怒涛の更新でございまする(笑)。今日、ヤフーでこんな記事を読んだ。年収1億とかは別にどうでも良いのだが、問題はこの世とおさらばするまでの時間である。


つい最近、倒れて入院なんてことを経験したばっかりで、自分ももう若くないし、酒も飲み、カロリーも人一倍多く摂取している自分にとっては、ちょっとびっくりするような記事だった。


自分の場合、これまでの生活習慣や持病から、きっと80歳までは無理だろうと思っている。良くて70〜75歳ぐらいだろうか。なので、70歳として計算してみることにする。


管理人、現在48歳である。ちなみに、若くて小柄でぽっちゃりな女性が好きである(爆)。仮に70歳と想定すると、終焉まであと22年。月数にすると、たったの264ヶ月である。日数にすると、約8,030日。で、時間にすると、約192,720時間。


ぱっと見た感じだと、まだ約19万時間もあると思えるが、よく考えれば、たったの19万時間である。それに、日数でみると、わずか8000日でござる。あっという間に終焉を迎えそうな数字である。全く、宇宙戦艦ヤマトの「地球滅亡まで、あと◯日」と言うのを思い出してしまうではないか(笑)。


こうやって自分の終焉までの時間を「見える化」すると、なんとも言えない気持ちになるな。人間、生まれてきたら必ず死を迎える時が来る。そんな事は頭の中で理解していても、こうやって現実に残り時間を突きつけられると、たったこれだけしかないのかと。


しかし、今日、自分はこの記事を読んでラッキーだったと思う。読まなかったら、残りの人生、さして気にもせず、いつもどおりダラダラと過ごしていたかもしれない。


最近、倒れて入院したせいもあり、自分の今後をどうしようかと考えていた時にこの記事を読んだわけで、今一度、人生の残り時間を考えながら、将来の設計をしてみたいと思う。


今の仕事のままでよいのか。


自分は何がしたいのか。


そのために自分には何が必要なのか。


そして、必要な物を手にするには何をしなければいけないのか。



皆様も一度、人生の残り時間を計算してみてはいかがでしょうか。自分は人間の一生って、それなりに長いかなと思っていたが、さすがに、この歳になると残りは案外短いもんです。


Life is short and Time is swift.
人生は短く、そして、時が経つのは早い。



つーことで、もう1回行きたいウィーン。次の新婚旅行で行こうかな(爆x2)。

SDIM1367-480.jpg
taken by dp1 with 管理人


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。