FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はこれから出張でござる。その前になんとかブログを書き終えて、
それから成田へ向かうことにしよう。成田が近いと非常に便利であるw


では、ワット・サマーンへ到着のところから。


ソンテウを降りてから、5分ぐらい参道みたいなところを歩いていく。
しかし、露天のお店にはいろんな物が売っている。日常の生活用品を
売っているのがなんともタイらしい。


で、しばらく歩いていくと、目に入ってくるのが巨大なガネーシャで
ある。何ともいえぬ愛嬌のあるガネーシャである(と個人的には思う)。

IMG_3629.jpg


そして、このガネーシャの下には、いろんな象の像があり、時計回り
で1バーツ硬貨を何枚か入れてタムブンしていく。この1バーツ硬貨は
数えていないが40枚あると思われる。理由は40バーツだったので(笑)。

IMG_3631.jpg

ちなみに、タムブンをしていく時は、タイ人の方達はこの像を手で触
わりながら回っていた。で、我々はなぜか反時計まわりで回っていた。
最後の像のところで進行方向を示す→をみて、お連れさんが笑っていた。
マイペンライの一言で済ますところは、さすがタイ人である。深く突っ
込むと地雷が炸裂するといけないので、クラップの一言で済ます(笑)。


その次は、蝋人形でできているようなお坊さんが横一列に並んでおり、
これまたタムブン場を化している。敬虔な仏教徒である自分なので、
遠慮無くタムブンをさせてもらうw

IMG_3657.jpg

こんな感じで、やはり1バーツ硬貨を数枚づつ入れていく。タンブン料は
20バーツでござる。

IMG_3642.jpg

お坊さんの像はこんな感じである。パッと見た感じは本物のように見える。


続いて、お坊さんの後ろに写っている浮島へ行ってみることに。ここもご多分
に漏れずタムブン場となっている。やはり、真面目な仏教徒の私としては、タ
ムブン命であるので、20バーツで20バーツ分の1バーツ硬貨を購入w

IMG_3637.jpg

この浮島も1週できるようになっており、お賽銭箱が10数カ所設置されており、
まわりながらタムブンをして感じである。で、入口(出口)のところに、やや
大きめなお賽銭箱が上の方に設置されており、みんなで玉入れ状態であるww
これを見ていると、本当にご利益があるのかどうか不思議な感じになるが、ま
あ、上手く入れば、それはそれで何か良い事が起こるのかもしれない。ちなみ
に、自分は3回ぐらいトライしたが、入れることはできなかった(涙)。案外、
1バーツ硬貨を投げるのは難しいもん(軽いため)。


さて、合計3回のタムブンも終わり、タイ人お得意の記念撮影が。私も写真を
とられたが、皆さんにお見せできる体型ではないので割愛しておきます。


その後、お寺の端の方にいくと、なぜか、中華系のものもある。ちなみに、
こんな感じである。

IMG_3647.jpg

IMG_3645.jpg


まあ、ざっとこんな感じで約2時間ぐらいぶらぶらしていた。初めてこのよ
うなお寺にいったが、それなりに楽しめた。


さて、チャチュンサオのバスターミナルへ戻らなくてはいけないのだが、
ソンテウ乗り場がよくわからなかった。露天のおばちゃんに確認すると、
そこの待合所みたいなところにいなさいと。そこで休憩しているとソンテ
ウが一台やってきたので、運ちゃんに確認し、チャチュンサオまで。料金
は往路と一緒で大人一人30バーツ。


約30分後、無事、チャチュンサオのバスターミナル入口の大通りで降ろさ
れ、そこからバスターミナルまで徒歩で約5分。帰りは、エカマイ行きの
良い時間のバスがなかったので、バンナー行きのキップを購入。地理的関係
がよくわからないが、値段は大人一人80バーツとなっていた。なんとなく
エカマイ行きの方が高い感じもしたのだが、バンナー行きの方が高かった。

IMG_3706.jpg

キップを見ると、チャチュンサオ発、バンナー行き、車番はV. 55-3となっ
いるので、この番号が書いてあるロットゥを探せばよい。約2時間程度で
無事にバンナーの町中へ到着。ここからエカマイ行きのバスを探そうと思っ
たが、結局、タクシーで帰宅することに。タクシーに乗って気がついたが、
あと少し歩けばBTSのバンナー駅だった。


以上、長くなったがワット・サマーン編でした。
興味にある方は、是非、行ってみてください。


じゃ、また、来月お会いしましょうwww

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。