FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サワディー・クラップ!
管理人でございます。

さて、約1ヶ月ちょっと前からスタートさせた糖質制限ですが、なんとかへこたれることもなく順調に続いております。そのおかげか、約2.5kgほど、この1ヶ月で体重が減少し、これまではけなかった501もまだ窮屈感はありますが、はけるようになってきました (*^_^*)


ところで、この糖質制限食ですが、江部先生の本によりますと、3つのやり方があるようです。

①「スーパー糖質制限食」
②「スタンダード糖質制限食」
③「プチ糖質制限食」



①の「スーパー糖質制限食」ですが、名前にスーパーが付いているとおり、朝、昼、晩とも主食を食べないやり方です。これを実践すると1日を通じて糖質摂取が抑えられるので、血糖値は上がらず、インスリンの追加分泌もほとんど無いようです。そのため、、ダイエット効果や生活習慣病の改善にも効果が高いようです。


②の「スタンダード糖質制限食」は、1日3食のうち、1回の食事だけは主食と摂る、残りの2回は主食を抜くやり方です。この場合の1回の主食は、朝か昼が良いそうです。夕食に主食を食べ、その後就寝となると、脳も筋肉も活動しないため、血糖値が下がりにくく、インスリン(肥満ホルモン)によって、脂肪が蓄えられてしまう可能性が高いからのようです。


③の「プチ糖質制限食」は、1日3回の食事のうち、夕食だけ主食を抜くやり方です。これは、朝、昼と適量の主食を食べることができるため、実行するには楽のようですが、スーパー糖質制限食に比べれば、当然、改善効果は低くなります。


このように3つの糖質制限食のやり方があるわけですが、管理人の場合は、生活習慣病(糖尿、メタボ)の改善、減量を目指して、①の「スーパー糖質制限食」を現在、実施しているところです。南米出張中は、お昼にご飯を口にすることもありましたが、極力、食べないようにしていました(目安として、お茶碗1/3杯程度、糖質約17g前後)。


ところで、糖質制限食ですが、文字通り、糖質を制限するだけで、タンパク質、脂質などは好きなだけ食べることができます。現に、管理人も朝、昼、夜は主食はないですが、それ以外のものは自由に食べています。特に夜なんかは、お酒も飲んでいます。ただし、蒸留酒ですけどね。でも、糖質ゼロのものならば、発泡酒や日本酒も飲んでもOKだそうです。


例えば、朝ご飯はこんな感じです。サラダ、卵、チョリソー、シュウマイ、納豆、焼き魚、もずく酢、アボカド、味噌汁などなど。主食のご飯やパンなどはありませんが、管理人的には、一切、問題ないです。

R320bf01_20151204135220956.jpg
R320bf02.jpg


続いて、ランチですが、管理人はサラリーマンをしているので、お昼は会社です。外に食べに行くことはないので、コンビニでサラダ、チーズなどを買ってきて、それをランチとしています。ちなみに、ここに写っている飲むヨーグルトですが、よく見たら、炭水化物、糖類が多く含まれているので、現在は飲むのをやめました(笑)。

R320lunch01.jpg


ランチがこれだけだと少なく、小腹が空いてきた時のためには、ランチで残ったチーズやナッツ類、ドライ納豆などをほうじ茶などと一緒にぱくついています(笑)。このJALのドライ納豆は、10gずつで小分けになっているので、なかなか便利です。食べ過ぎないしね。

R320oyatu.jpg


夕食ですが、糖質制限の場合、アルコールもOKなので、管理人の場合、ビールならば糖質ゼロのものを飲んでいます。それ以外は、芋焼酎、ウィスキーなどの蒸留酒を鍋物、サラダ、納豆、焼き魚、イカ焼きなんかをつまみながら飲んだりしています。

R320beer01.jpg
R320dn03.jpg
R320dn01.jpg


また、お酒のアテには、チーズ、ドライ納豆、ナッツ系のもを食べるようにしています。

R320ate.jpg


とまあ、こんな感じのスーパー糖質制限なのですが、特に苦になりません。理由は写真のとおり、糖質以外のものは何でも食べることができるためです。脂質もあまり気にせず、食べています。先生の本によると、特に問題ないような感じですので(笑)。


お酒も飲み、このような感じの食事をしていても体重は少しずつですが減ってきています。今後も引き続き、スーパー糖質制限を実行し、体重を減らしたいと思います。


ちなみに、お恥ずかしい数値ですが、今日の時点で体重は91.4kgです。糖質制限スタート前は、約94kgぐらいでした。あと、再来週にかかりつけの内科に行き、血液検査を実施する予定です。ここで、どこまでHbA1cが改善されているのか、はたまた全く改善されていないのかが判明すると思います。


もし、生活習慣病やメタボで悩んでいる方は、この糖質制限食を実施してみたらいかがでしょうか。ただ、インスリンやSUを含め、糖尿病のお薬を使われている方は、実施前にご担当の医師に確認してからの方が良いかと思います。低血糖になったりする場合もあるようですので。


それでは、体重が減ったり、HbA1cの値が改善されていましたら、また、その結果をアップしたいと思います。

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。