FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どーも、管理人です。
ケニアはナイロビから帰国し、丁度1週間。


時差ボケもぼちぼち解消されつつあるが、
日本の暑さには、相変わらず体が馴染みません。


そういう意味では、ナイロビはすごく過ごしやすい街だった。
まあ、だから英国人もナイロビを首都にしたんだろうw


さて、ブログを書くようなネタもないのだが、
ケニアから日本まで利用したカタール航空について、
再度、紹介してみようかと思う。


普段、機内食はほとんど口にすることはないのだが、
初めての航空会社ということもあり、
味とサービスを確認してみるかと思い、
久しぶりに機内食を食べてみた。


まずは、ナイロビ→ドーハである。
この間の飛行機は、エアバスA320という機体でものすごく小さい。


中央の列がなく、ビジネスは2−2、エコノミーは3−3の配列である。
おまけに、ナイロビの空港では、待合室から飛行機までは、
ボーディング・ブリッジではなく、徒歩移動である。


久しぶりに空港の敷地内を歩いて飛行機まで移動したよ。
いろんな車両が走っているなか移動するので、要注意ってところだw


話しがそれたが、機内食へ戻ろう。
まずは、離陸後の飲み物から。


帰路なのでビールでも飲もうかと思ったが、
辛口の白ワインをチョイス。
おつまみは、定番のミックス・ナッツ。
どちらも普通に美味しく頂いた。

IMG_1454.jpg


お次は、食事の前妻、あっ、前菜だ。
離婚していると、まず前妻という文字から変換されてしまう (>o<)

IMG_1455.jpg

たしか、サラダとローストビーフみたいな物だったと思う。
付け合せのポテトもトマトもこれまた美味しく頂いた。


ところで、この写真を見てくれ!
おいらの前に座ったアラブ系の若い女性のシートだ。

IMG_1457.jpg

飯時ぐらいシートのリクライニングは前に戻せ!


この状態で飯を食べれること自体が不思議だが、
全く他人の事はお構いなくって感じだ。
まあ、どこの国にも似たような馬鹿は居るもんだなwww


で、最後はデザート。
デザートと言えば、スイーツ系をチョイスするかもしれないが、
おいらの場合は、やはり、チーズとポートワインである。

IMG_1462.jpg

このチーズの塩辛さと甘いポートがよく合う。
欲を言えば、ブルーチーズがもう少し塩辛さと臭さがw
まあ、高血圧なおいらには丁度よかったかw



続いて、ドーハ→成田である。
この区間は、一度関空を経由して成田へ向かう。
なので、メインの機内食は、ドーハ→関空で提供される。


で、この区間であるが、ドーハ出発が夜中の01:25である。
ドーハとナイロビには時差がないので、
この時間ともなれば、もう眠くて仕方がない状態である。


なので、ドーハから関空は、一切食事をとらなかった。
離陸と同時に寝て、着陸2時間前ぐらいに起床。


朝飯なのか夕飯なのかわからないが、
何かサービスしていたが、結局、何も食べずに関空へ。


で、関空で一度降ろされ、セキュリティーチェックを受け、
20分ほどANAのラウンジで暇つぶし。
日本の生ビールを1杯ほど頂き、再度機内へ移動。


さすがに、ドーハから関空まで何も口にしていなかったので、
関空→成田(1時間)では、お魚定食を頂いた。

IMG_1478.jpg

この時、一緒に付いていた漬物を食べたが、
久しぶりの漬物だったので感動したw


で、最後の食後のコーヒーである。
大好きなエスプレッソをダブルで注文。

IMG_1479.jpg


最近、日系のエアラインを利用していないので状況はわからないのだが、
ちょっと前までは、日系ではFクラス以外はエスプレッソの提供がなかった。


しかし、外資系のエアラインのCクラスは、
エスプレッソやカプチーノは普通に提供されている。


是非とも、日本のエアラインもエスプレッソを提供してください。
ちなみに、ポートワインも日系はFクラス以外はサービスしてなかった記憶が。
加えて、チーズもしょぼいものしかない。


まあ、こんなこともあり、個人的には外資系エアラインの方が好きだ。


で、肝心なカタール航空の食事とサービスだが、
「エアライン・オブ・ザ・イヤー」2年連続受賞しているだけあり、
個人的には非常に満足できるものであった。


特に客室乗務員の接客態度は文句なしだった。
おそらく、かなりきちんと教育されているのではないだろうか。


今回、初めて利用したカタール航空であるが、
機会があれば、次も必ず利用したくなるエアラインだ。


ところで、このカタール航空だが、
「シーズンズ・セレクション キャンペーン」なるものを実施している。


これを見ると、かなり安い金額で東欧に行けそうだ。
暇を見つけて、ハンガリーやクロアチアあたり行ってみようかな。


じゃ、そういう事で。
では、では。


★おまけ★
明後日から夏休みでBKKです。
関係者の皆さま、現地にて宜しくお願いしま〜す (^o^)

スポンサーサイト
2012.08.19 先週の出来事
こちらケニアへ来て3週間が経った。
残りあと1週間、頑張ろう。


さて、先週は首都ナイロビを離れ、現場へ出ていた。
久しぶりにDP1で撮影した写真もあるし、
日記的な位置づけで記録に残しておこう。



8月14日(火)

この日は、完全移動日でナイロビから西部の大都市ナクルへ移動。
途中、いつものアフリカ大地溝帯展望台で一服。


アフリカ大地溝帯と言うと、すごい所を思い浮かべるかもしれないが、
以外にもこんな感じの所である。


s400-SDIM2686.jpg
taken by dp1

ただ、火山の跡のカルデラ湖みたいな物は見ることができる。
ちなみに、たしか年数cmで東西に広がっているはずだ。


なので、いつになるか知らないが、
いずれアフリカ大陸は2つに分かれるはずだ。



8月15日(水)

この日は、ナクルの南西部と北部の現場へ。
このブログのトップ画像の写真(dp1)は、南西部で撮影した。


標高が約3,000mのところである。
もしかすると、将来、この子供達の中から
オリンピックのマラソン選手が生まれるかもしれない。


ついでにもう1枚。
教会とロバ?(馬?)みたいなのがいたので撮ってみた。
やっぱ、広角は空の感じがいいねぇ。

s400-SDIM2734.jpg
taken by dp1


この日の午後はいつもの丘へ。
Menengai Craterというところで見晴らしは最高である。


写真の左側には間欠泉?が見えており、温泉地帯でもある。
まあ、こういう所を見ると、やっぱアフリカ大地溝帯なんだろうな。


ちなみに、アフリカでも温泉が湧き出ている所では、
卵を入れて、温泉卵(ゆで卵)を販売しているwww

s400-SDIM2792.jpg



8月16日(木)

この日のメインイベントは赤道である。
やっぱり、技術者としては赤道にくるとやりたくなる事がwww

s400-IMGP0669.jpg
taken by Pentax WG-1

技術者というか男ならやりたくなりませんか。
ゼロが並ぶのを見たいですよね。


これをやってみて、自分は本当に赤道に
立っているんだな自己満足するのである。



8月17日(金)

この日は、ナクルからナイロビへ帰る移動日である。
途中、ニャフルルにあるトンプソン滝に立ちよる。
最近、雨が多いせいか、滝の水量も多いような感じが。

IMGP0707.jpg
taken by Pentax WG-1


この観光地にはこんな格好の方達(マサイ族?)もおり、
親友のムサと一緒に写真を撮ってみた。

s400-IMGP0697.jpg
taken by Pentax WG-1


とまあ、こんな感じの3泊4日の現場作業だった。
こうやって見ると観光ばかりしているなと思われるかもしれないが、
実際はきちんと仕事?もしているのでありますぞ。


では、では。


2012.08.01 アフリカなぅ
とりあえず、月曜日からケニアに来ています。


初めてカタール航空を利用し、ドーハ経由でやってきました。


成田からのカタール航空もよかったですが、驚いたのはドーハの空港です。


すごいシステマチックで効率的というか、気に入りました。


これについては、そのうち(たぶん)、ブログで紹介しようと思います。



さて、ナイロビは標高が1,500mぐらいあり、朝は16℃ぐらいで肌寒いです。


顔なじみの連中と宿舎で会い、懐かしい話しで盛り上がってます。


そんなわけで、元気にしています。


では、では。


s400-IMGP0307.jpg
2011.08.27 結果発表
ナイロビ滞在、約1ヶ月。
お酒を入手しづらい環境にあり、こんな結果に。

s-kinsyu.jpg


8月1日~今日(8月27日)まで、
27日間で18日間の禁酒。


毎月、こんな感じだといいのだが、
きっと、お酒が買える環境になると・・・


来るときはベルトなしの501も
帰りはベルトが必要になった。
ベルトも穴が1つずれた (^o^)


たぶん、3kgぐらいは落ちたような感じだ。
帰国後、さっそく測ってみよう。


しかし、酒がない環境だと我慢できるわけだから、
イスラム圏に2年ぐらい出張にいってみるかな。
一気に体質が改善されるような感じだ(笑)。


まあ、そんなわけで、美味い飯を食べて、
美味い酒を飲みたい今日このごろでございます。


2011.08.26 ぼちぼち
マンボ・ヴィピ! ポア!
どうも管理でございます。


何とか無事に全ての仕事が終わった。
久しぶりに何も考えずに今夜はゆっくりとできる。


普通ならば、今夜は飲みに出歩くところだが、
如何せん、ここはナイロビ、夜は危険なのである。


バンコクみたいに気軽に飲み歩ければ良いのだが、
100%、夜は歩いて外出できないからね、ここは。
仮に命は助かっても、帰る時はスッポンポンだろうね(笑)。


そんなわけで、今夜はこんな豪華な食事を部屋で食べた(涙)。
ふりかけご飯に昔ながらの中華そば(鶏がら醤油)。

s320-26082011485.jpg


もう、今回の出張では、ラーメンポットは活躍しまくりだったな(笑)。
ちなみに、昨日は最後までとっておいた親子丼&味噌汁。

s320-25082011480.jpg

見た目はあまりよろしくないが、非常に美味い。
お湯を注ぐだけで出来上がるとは思えない味である。
おいら的には、海外出張にお薦めの一品である。

s320-25082011479.jpg



まあ、そんなこんなで、ぼちぼちナイロビ生活が終わろうとしている。
アフリカでは、おそらく一番訪れている国だと思う。


さっき、おいらの海外出張記録を見てみた。
今回で16回目、のべ滞在日数は、570日(約1.6年)だった。


ケニア、まだまだ治安は悪いところだけど、
仕事を一緒にする方たちの人柄もよく、
自然もたくさん、野生動物もたくさん。
とっても、素敵な国だと思う。
おいら、ケニアは大好きですよ。


もし、機会があれば、是非訪れてみてください。
日本で味わうことのできない空間を楽しめると思います。


最後に手前味噌となりますが、少し、今回の写真をアップしました。
この写真からケニアと言う国を感じとれて頂ければ嬉しいかな。
よろしければ、ここをクリックして見てください。



アサンテ・サナ! ケニア!
クワヘリ・サナ! ケニア!


2011.08.24 雑記
特に書くネタもないのですが、少しだけ。


あと、数日で日本へ戻ります。


おいしい料理と酒が楽しみです。


日本には約1週間ほど滞在します。


その後、大好きな東南アジアへ1週間ほど出張です。


帰国後は、夏休みです。


会社からたくさん休んでもいいみたいな事なので、


9月中旬から下旬まで休もうかと企んでいます(笑)。


で、夏休みは勿論、子供と一緒にBKKライフを満喫します。


ついでに、牛追い通りや国際通りを見学しながら、


馴染みのバービアや居酒屋でまったりしようかと思います。


そして、今回のBKKは携帯電話の購入がメインイベントです。


おそらく、Xperiaかノキアだと思っているのですが、


密かにタグホイヤーの携帯が気になっている今日このごろです。


でも、仮にあったとしても高級すぎて買えないと思います。


まあ、こんな感じです。


では、最後のレポート作りに突入します。

2011.08.17 ゼロ
昨日から現場で、こちらへ来ている。
なにげに、全部ZERO(ゼロ)で気持ちがいい。

s32-17082011453.jpg


興味のある方は、この座標をグーグルアースにでもぶち込んでください。
私の行ったところがわかります。
ただ、それだけですけどwww


しかし、今朝は何℃か計測しなかったけど、えらい寒かった。
吐く息が白かったですよ、この街は。
本当に赤道近くなのかと思うが、標高も1,800m以上あるからねw


そんなわけで、ナイロビに戻ったら、
ブログの続き(英語篇)を再開する予定。


このまま、フェードアウトするような感じもするが、
おいらなりのメッセージも送りたいしね。
興味はないと思いますが、気長に待っててちょ。













で、このまま終わるのも寂しいので、
せっかくなので、その時の写真を少し。


一応、dp1で撮影しています。
大きいサイズは、そのうち写真ブログにアップ(予定)。


赤道直下の子ども達。
おいらには、「スイーツ」、「マネー」の言葉を連発していたw

s32-SDIM2483.jpg


赤道直下の修理屋さん。
自転車のパンクを修理中。
撮影するときににらまれてしまったよw

s32-SDIM2490.jpg


最後にお決まりの看板。
KARIBU(カリブ)は、スワヒリ語で「ようこそ」の意味。
HAKUNA MATATA(ハクナ・マタタ)は、「ノープロブレム」。

s32-SDIM2497.jpg

どちらかと言えば、タイ語のマイペンライや
タガログ語のバハラナみたいな意味ですかね。
まあ、「なるようになる」という感じでしょうか。


じゃ、ノーン・ラップ・ファン・ディー・ナ・カップ!
タイに行きてーーーーー!

日曜日のため、今日も英語篇はお休みです。
原稿ができていないのは、内緒の話ですよw


さて、今日はワインについて書いちゃおうかな。
実は、以前まではワインなんてあまり興味もなかったし、
自分からすすんで買ったり、飲んだりもしなかった。


でも、1999年ごろから南ア方面で仕事をするようになった。
それまでは、南アフリカがワインの産地であるなんてことも知らなかった。


仕事をするようになって、初めてここはワインの産地なんだと。
スーパーで赤ワインが、だいたい50ランドぐらい。
もちろん、ピンきりであるが、私が飲むのは50ランドぐらいのワイン。


たしか、当時1ランド=15円ぐらいだったと思うので、
1本750円ぐらいかな。


で、当時は赤ワインばかり飲んでいた。
とくに、南アフリカ限定品種のPINOTAGE(ピノタージュ)。


人によって味覚はいろいろだと思うけど、
おいらには、こいつがピッタンコだったのだ。


そして、昨日、ここナイロビのスーパーでこいつを発見。
1本、約1,300円ぐらいだが、久しぶりということもあり、2本購入。

s32-13082011432.jpg


懐かしさもあり、昨夜は、久しぶりに部屋で深酒してしまった。
やっぱり、美味い。


ワインといえば、フランス、イタリア、スペイン、カリフォルニア、
チリ、アルゼンチンなど色々美味しいものもあるかと思うが、
おいらにとっては、南アのピノタージュが今のところ一番のオキニである。


ちなみに、もう一つ、ピノタージュの次に好きなワインがある。
そいつは、モンテネグロ産のこいつである。

s-05102010043_20110814172938.jpg

プランタージュのVRANAC(ブラナッツ)。
こいつは、ブラナッツ・プロコルデというものだが、
こいつの下のただのブラナッツで十分に美味しい。


たしか、ただのブラナッツで1本2.5ユーロぐらい。
まあ、約300円ぐらいかな。


このモンテネグロのワインも安くて美味しい。
とくに安さは半端ないね。
もう水がわりに飲んでしまう。


と、今日は赤ワインについてでした。
ちなみに、ぎんぎんに冷えた白ワインも大好きで、
南アのPGC(プリミア・グランド・クリュ)は最高に美味い。


みなさんも、もし、南アのワインを飲まれる機会があれば、
PINOTAGEとPGCを試してみてください。


じゃ、また。

2011.08.13 日本飯
今日は、英語の話ではなくて、日本のマスコミについて書こうと下書きしていた。
アフリカ時間の夕方にアップしようかなと思っていたら、高岡何某が。。。


おいらが書いていた内容と彼の言い分が少し重なった感じなので、
下書きは没(×)にしようかと思う。


その代わりと言ってはなんだが、今日はアフリカの日本食を紹介しようと思う。
英語の続きは、明日以降って感じでよろしくお願いします。


ここは、東アフリカ最大の都市ナイロビ。
それなりに日本人も居るので、それなりに日本食もある。


今日は、昼飯どきに某社の方と一緒にランチを。
まあ、その方とは、かれこれ17年ぐらいの付き合い。


その方のホテルに行き、そして向かった先はここ。
ナイロビの日本飯といえば、日本人倶楽部。
と、今日までは思っていたwww

s32-13082011421.jpg


今日まで思っていたと言うのは、あまににも荒れ果てていた。
これって、本当に日本人が管理しているのかなと思うぐらいだった。

s32-13082011424.jpg


写真でも見ると分からないけど、けっこうきてるよ。
床は抜けたり、くぎが出ていたり。


まあ、そんなことはほっといて、美味い飯と酒が飲めればいいや。
まずは、お品書きから。

s32-13082011419.jpg
s32-13082011420.jpg
s32-13082011418.jpg


で、まず注文したのは、焼き鳥&餃子。
どちらも味はまあまあ。

s32-13082011422.jpg


続いて、いか焼き。
このいか焼き、おいらの中では定番メニューである。
注文時は、「いか焼き、Biggest」と注文するのが礼儀であるw

s32-13082011425.jpg


続いて、某社先輩は、照り焼きチキンを注文。
これもまた美味し。
ここれは、はずせないメニューだね。

s32-13082011428.jpg


そして、日本人の味、厚揚げを注文。
アフリカで豆腐、感激だぁぁぁ!

s32-13082011427.jpg


で、最後は、先輩は醤油ラーメン。
おいらは、握り鮨。

s32-13082011430.jpg
s32-13082011429.jpg



久しぶりに満足のいくランチだった。
適当の酔ったしwww


まあ、アフリカでもナイロビでは、
この程度のものは食べることができます。


ぜひ、みなさんも一度アフリカまで。



じゃ、また。

2011.08.07 久しぶりに
土曜日の夜は、久しぶりにお酒を飲んだ。
まあ、久しぶりと言っても1週間ぶりぐらいだがww

s48-kinsyu.jpg
(管理人の飲酒管理表www)


今、滞在しているところは、ホテルというよりは、
大学構内にあるホステルっぽいところである。


なので、アルコール販売もなければ、レストランもない。
したがって、必然的に禁酒状態になる。


で、土曜の夜は、他の会社の仲のよい知り合いの方が
この地にいるので、連絡を取りあって、夕食を食べることに。


そして、せっかくの夜なので、その方が宿泊しているホテルの
予約をとってもらい、あっしも宿泊。


これで、わざわざ自分の宿泊先まで戻る必要もないので
たっぷりと飲めるというわけであるwww


そして向かった先は、以前、よくお世話になっていたイタリアン。
相変わらず、混んでいたし、料理も美味かったな。


ちなみに、こいつは、一番最初に出てくる、日本で言うお通しである。
ピザの生地の上に刻んだトマトをのせたもの。

s32-IMGP0066.jpg

シンプルだけど、めっちゃ美味いっす。
しかも無料だし、これだけお腹一杯になってしまう。


最初は、その方と二人で飲み食いしてたが、
途中からあと二人増えた。


このお二方とも実は知り合いで、
なんと16,7年ぶりに再会した。


結局、4人で2.5Lのワインを飲み干し、
いい塩梅に酔った。


その後、ホテルへ戻り、仲のよい先輩の部屋でまたワイン。
若干、記憶がないものの、楽しい夜だった。


しかし、本当に酒が弱くなった。
飲んでいると眠くなるし、記憶も飛んでしまう。


さて、今日からまた質素な生活が始まる。
そして、次の土曜日まで、また禁酒www


それじゃぁ、また。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。